Common LispによるAI Programming入門 (2013)

Lispは記号の構造的な表現であるS式を操作するインタープリタ方式を基調とするプログラミング言語である.ここでは,思考のツールとしてのCommon Lispを強調した解説を行う.すなわち,関数型プログラミング言語としてのCommon Lispの位置づけはいったん忘れ,人工知能の学習などに頻繁に現れる知的学習と問題解決,より一般的には記号処理を中心としたロジックを再現して,シミュレーションを中心とした理解や発想を支援する実践的なツールとしてCommon Lispを位置付けて,Windows PCを使えるレベルの初学者を想定したAI Programming入門コースを提供する(まだまだ工事中ですが…). — 西田豊明

目次

1. 人工知能について
2. 処理系のインストール
3. gclによるAIプログラミング(超入門)
4. gclによるプログラミングプロジェクト(超入門)
5. gclによるアドバンストプログラミングプロジェクトの実践的入門
6. 発見的探索
7. 機械学習とデータマイニング

付録
A1. ANSI Common Lispの関数定義
A2. 私のうんちく集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です